You Tubeで一部公開




文芸漫談書籍

世界文学は面白い。 文芸漫談で地球一周

新品価格
¥1,728から
(2016/4/29 12:29時点)

Amazon

文芸漫談 笑うブンガク入門 (集英社文芸単行本)

Amazon

それから (集英社文庫)

新品価格
¥528から
(2020/1/3 13:44時点)

Amazon


1文芸漫談 1文芸漫談 1文芸漫談 1文芸漫談 1文芸漫談

文芸漫談とは?

この企画は、いとうせいこうと奥泉光が、小説の面白さを、笑いを取りながら伝えたいと、漫談形式で始めた文学ライブです。 芥川賞作家と稀代の仕掛人が捨て身でおくる、漫談スタイルの超ブンガク実践講座。 小説の書き方・読み方がクスクスわかる?かも!

作家・クリエーターとして活躍する“いとうせいこう”と、芥川賞作家であり大学教授の“奥泉光”が、『文芸漫談』なる耳馴染みのない公演を、年3回のシリーズで行っている。
内容、構成はいたってシンプルで、文学作品を題材にし、笑いを盛り込み、二人で作品を語っていく、漫談形式のトークショーです。
同類のトークショーのように、作品への理解を与えることにこそ違いはないのですが、そこに、博学がユーモアをまとったような二人の『笑い』が入ることにより、お客さまの興味をより深いところまで誘い、“豊かな文学”になるのでは、との試みです。

Vol.50●2020年4月24日(金)●夏目漱石『それから』

    料 金■全席指定席 前売:2,500円/当日2,800円
    開 場■19:00/開 演■19:30/終演予定■21:00
    会 場■北沢タウンホール TEL.03-5478-8006
        世田谷区北沢2-8-18

4/26(日)『巣ごもりSP グランドフェス』で18:30から「奥泉光×いとうせいこう 文芸漫談」カミュ『ペスト』がライブ配信されました。
たくさんの方が参加してくださったようです。
次回配信はまだ決まってないようですが、下記URLを登録してチェックしてください。
https://showroom-live.com/d23523907903 #mdl

●公演中止!●

新型コロナウイルスの猛威が収まらず感染者数が増大している中で、 お客様の安全確保が難しいと判断し、苦渋の決断ですが、公演を中止する事といたしました。
公演を楽しみにしていらした皆様には誠に申し訳ございませんでした。

●チケットを購入されたお客様へ●

前回公演時(1/24)にチケットを会場でお買い求めの皆様は、下記のK・企画までご連絡をお願い致します。返金方法をご案内いたします。
また、事務作業の都合により返金期限は5月31日(日)までとさせていただきます。
ご了承のほど、よろしくお願いいたします。
K・企画 tel:03−3419−6318
mail:bungei_4comic@k-kikaku1996.com

(上記アドレスからの受信ができるようにしてください)

また、プレイガイドでご購入のお客様には各プレイガイドより返金のご案内メールが届きますので、それまでお待ちくださいますようお願い致します。
チケットぴあでは下記のサイトで払い戻しのご案内をしております。
http://ticket.pia.jp/pia/rlsperf/NT0301S10InitAction.do?eventCd=2000030

イープラスの公演中止、払い戻し確認サイトは下記です。
https://eplus.jp/sf/updated_events

作品詳細

『それから』梗概

長井代助は三十にもなって定職も持たず、父からの援助で毎日をぶらぶらと暮している。実生活に根を持たない思索家の代助は、かつて愛しながらも義侠心から友人平岡に譲った平岡の妻三千代との再会により、妙な運命に巻き込まれていく……。 破局を予想しながらもそれにむかわなければいられない愛を通して明治知識人の悲劇を描く、『三四郎』に続く三部作の第二作。

夏目漱石(ナツメ ソウセキ) <1867年〜1916年> 

江戸牛込馬場下(現在の新宿区喜久井町)に生れる。
帝国大学英文科卒。
松山中学、五高等で英語を教え、英国に留学した。
留学中は極度の神経症に悩まされたという。
帰国後、一高、東大で教鞭をとる。
1905(明治38)年、『吾輩は猫である』を発表し大評判となる。
翌年には『坊っちゃん』『草枕』など次々と話題作を発表。
1 907年、東大を辞し、新聞社に入社して創作に専念。『三四郎』『それから』『行人』『こころ』等、日本文学史に輝く数々の傑作を著した。
最後の大作『明暗』執筆中に胃潰瘍が悪化し永眠。
享年50。

出演者プロフィール

いとうせいこう

1961年、東京生まれ。
早稲田大学法学部卒業。
作家・クリエーター。
88年『ノーライフキング』 で小説家デビュー。
2013年『想像ラジオ』で 第35回野間文芸新人賞受賞。
小説に『我々の恋愛』 『鼻に挟み撃ち 他三編』など多数。
奥泉との文芸漫談をまとめた 『文学の聖典』 『世界文学は面白い。』がある。
主なエッセイ集として『見仏記』(共作/みうらじゅん)『ボタニカル・ライフ』などの他、舞台・音楽・テレビなどで活躍。
公式HP=http://www.froggy.co.jp/seiko/


奥泉 光

1956年、山形生まれ。
国際基督教大学大学院修了。小説家・近畿大学教授。
主な小説に『ノヴァーリスの引用』『バナールな現象』『「吾輩は猫である」殺人事件』『プラトン学園』『グランド・ミステリー』『鳥類学者のファンタジア』『浪漫的な行軍の記録』『新・地底旅行』『神器—軍艦「橿原」殺人事件』などがある。 1993年『石の来歴』で第110回芥川賞受賞。
2009年『神器—軍艦「橿原」殺人事件』で第62回野間文芸賞を授賞。
2014年『東京自叙伝』で谷崎潤一郎賞を授賞。
公式HP=http://www.okuizumi.com/