You Tubeで一部公開



文芸漫談書籍

世界文学は面白い。 文芸漫談で地球一周

新品価格
¥1,728から
(2016/4/29 12:29時点)

Amazon

文芸漫談 笑うブンガク入門 (集英社文芸単行本)

Amazon


このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

●こちらは「文芸漫談」の過去の公演リストです

Vol.34●2015年8月20日(木) ゲーテ 『若きウェルテルの悩み』

拡大チラシ

料 金■2,500円(全席自由)
会 場■北沢タウンホール(TEL.03-5478-8006)
    世田谷区北沢2-8-18

作品詳細

『若きウェルテルの悩み』 梗概

あなたは恋のために死ねる?
刊行後200年以上、世界の若者を魅了し続けた永遠の青春小説。
ゲーテ自身の絶望的な恋の体験を作品化した書簡体小説で ウェルテルの名が、恋する純情多感な青年の代名詞となっている古典的名作。

物語は、主人公のウェルテルが新しい土地にやってくるところから始まる。
ある日のこと、舞踏会に誘われて出かけたウェルテルは、若くて美しいシャルロッテに出会い、たちまちのうちに恋に落ちる。
シャルロッテにはアルベルトという婚約者がいるにもかかわらず、ウェルテルは毎日のようにシャルロッテの家に通いつめ、ひたすら恋い焦がれるようになる。
このままではいけないと思い悩んだウェルテルは、シャルロッテに別れを告げて新たな土地で官職に就くが、どうしてもシャルロッテのことを忘れることができず、また元の土地に戻ってしまう。
しかし、ウェルテルの苦悩はさらに深くなり、ついには自殺を決意してしまう・・・。

ゲーテ <1749年〜1832年>

ドイツ、フランクフルトに生れる。
ライプツィヒ大学で法律を学び、弁護士を開業。
1774年、ドイツ帝国最高法院で実務を見習った時の恋愛を材にとった『若きウェルテルの悩み』を発表し一躍その文名をとどろかせた。
その後も精力的に詩集、戯曲、小説を発表。
招聘されたワイマル公国では大公に信を得て大臣から内務長官、そして、宮廷劇場総監督として活躍した。 今なお世界中の芸術家、思想家に影響を与え続ける不朽の名作『ファウスト』を1831年、着想から実に60年の歳月を費やして完成させた。
翌1832年永眠。享年82歳。

出演者プロフィール

いとうせいこう

1961年、東京生まれ。
早稲田大学法学部卒業。 作家・クリエーター。
『ノーライフキング』で小説家としてデビュー。
その後『ワールズ・エンド・ガーデン』『解体屋外伝』『豊かに実る灰』『波の上の甲虫』などを執筆。
2013年『想像ラジオ』で第35回野間文芸新人賞受賞。
最新作『鼻に挟み撃ち』(2013年すばる12月号)で2度目の芥川賞候補にノミネート。
主なエッセイ集として『見仏記』(共作/みうらじゅん)『ボタニカル・ライフ』などの他、舞台・音楽・テレビなどで活躍。
公式HP=http://www.froggy.co.jp/seiko/


奥泉 光

1956年、山形生まれ。
国際基督教大学大学院修了。小説家・近畿大学教授。
主な小説に『ノヴァーリスの引用』『バナールな現象』『「吾輩は猫である」殺人事件』『プラトン学園』『グランド・ミステリー』『鳥類学者のファンタジア』『浪漫的な行軍の記録』『新・地底旅行』『神器—軍艦「橿原」殺人事件』などがある。 1993年『石の来歴』で第110回芥川賞受賞。
2009年『神器—軍艦「橿原」殺人事件』で第62回野間文芸賞を授賞。
2014年『東京自叙伝』で谷崎潤一郎賞を授賞。
公式HP=http://www.okuizumi.com/