You Tubeで一部公開



文芸漫談書籍

世界文学は面白い。 文芸漫談で地球一周

新品価格
¥1,728から
(2016/4/29 12:29時点)

Amazon

文芸漫談 笑うブンガク入門 (集英社文芸単行本)

Amazon


このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

●こちらは「文芸漫談」の過去の公演リストです

Vol.18●2011年4月15日(金)谷崎潤一郎『春琴抄』


料 金■2,000円(全席自由)
会 場■北沢タウンホール(TEL.03-5478-8006)
    世田谷区北沢2-8-18

作品詳細

『春琴抄』 梗概

物語は春琴の墓を訪ねる「私」のモノローグから始まる。
大阪道修町の薬種商鵙 屋の次女、春琴(本名は琴)は9歳の頃に眼病により失明して音曲を学ぶようになった。
春琴の身の回りの世話をしていた丁稚の佐助もまた三味線を学ぶように なり、春琴の弟子となる。わがままに育った春琴の相手をさせようという両親の思惑とは裏腹に、春琴は佐助が泣き出すような激しい稽古をつけるのだった。
や がて、春琴が妊娠していることが発覚するが、春琴も佐助も関係を否定し、結婚も断る。結局春琴は佐助そっくりの子供を出産した末に里子に出した。
やがて春琴は20歳になり、師匠の死を期に三味線奏者として独立した。
佐助もまた弟子兼世話係として同行し、我が儘がつのる春琴の衣食住の世話をした。
春琴の腕前は一流として広く知られるようになったが、種々の贅沢のために財政は苦しかった。
そんな中、春琴の美貌が目当てで弟子になっていた利太郎という名家の息子が春琴を梅見に誘って口説こうとするが、春琴は利太郎を袖にしたあげく、稽 古の仕置きで額にケガをさせてしまう。
その一ヶ月半後、何者かが春琴の屋敷に侵入して春琴の顔に熱湯を浴びせ、大きな火傷を負わせる。
春琴はただれた自分 の顔を見せることを嫌がり、佐助を近づけようとしない。春琴を思う佐助は自ら両眼を針で突き、失明した上でその後も春琴に仕えた。
佐助は自らも琴の師匠と なり、温井(ぬくい)琴台を名乗ることを許されたが、相変わらず結婚はせずに春琴の身の回りの世話を続けた。
春琴は明治19年に脚気で亡くなり、佐助もまた、その21年後の明治40年に亡くなった。

谷崎潤一郎 <1886年〜 1965年> 

東京・日本橋生れ。東大国文科中退。
在学中より創作を始め、同人雑誌「新思 潮」(第二次)を創刊。同誌に発表した「刺青」などの作品が高く評価され作家に。
当初は西欧的なスタイルを好んだが、関東大震災を機に関西へ移り住んだこ ともあって、次第に純日本的なものへの指向を強め、伝統的な日本語による美しい文体を確立するに至る。
1949(昭和24)年、文化勲章受章。
主な作品に 『痴人の愛』『春琴抄』『卍』『細雪』『陰翳礼讃』など

出演者プロフィール

いとうせいこう

1961年、東京生まれ。
早稲田大学法学部卒業。 作家・クリエーター。
『ノーライフキング』で小説家としてデビュー。
その後『ワールズ・エンド・ガーデン』『解体屋外伝』『豊かに実る灰』『波の上の甲虫』などを執筆。
2013年『想像ラジオ』で第35回野間文芸新人賞受賞。
最新作『鼻に挟み撃ち』(2013年すばる12月号)で2度目の芥川賞候補にノミネート。
主なエッセイ集として『見仏記』(共作/みうらじゅん)『ボタニカル・ライフ』などの他、舞台・音楽・テレビなどで活躍。
公式HP=http://www.froggy.co.jp/seiko/


奥泉 光

1956年、山形生まれ。
国際基督教大学大学院修了。小説家・近畿大学教授。
主な小説に『ノヴァーリスの引用』『バナールな現象』『「吾輩は猫である」殺人事件』『プラトン学園』『グランド・ミステリー』『鳥類学者のファンタジア』『浪漫的な行軍の記録』『新・地底旅行』『神器—軍艦「橿原」殺人事件』などがある。 1993年『石の来歴』で第110回芥川賞受賞。
2009年『神器—軍艦「橿原」殺人事件』で第62回野間文芸賞を授賞。
2014年『東京自叙伝』で谷崎潤一郎賞を授賞。
公式HP=http://www.okuizumi.com/