※プルダウンメニューから公演名を
選択してください。


このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

●こちらは「文芸漫談」の過去の公演リストです

こちらには、K・企画が行ってきた文芸漫談の全公演を年代順に掲載しています。
左側のプルダウンメニューからお選び頂いても、スクロールして紫のメニューからお選び頂いても見る事ができます。

Vol.43●2018年3月3日(土)●フローベール『ボヴァリー夫人』

料 金■2,500円(全席自由)
会 場■新宿文化センター小ホール(TEL.03-3350-1141)
    新宿区新宿6-14-1

作品詳細

文芸漫談とは?

作家・クリエーターとして活躍する“いとうせいこう”と、芥川賞作家であり大学教授の“奥泉光”が、耳馴染みのない『文芸漫談』なる公演を、東京の下北沢の北沢タウンホールで年3回のシリーズで行っている。
内容、構成はいたってシンプルで、文学作品を題材にし、笑いを盛り込み、二人で作品を語っていく、漫談形式のトークショーです。
同類のトークショーのように、作品への理解を与えることにこそ違いはないのですが、そこに、博学がユーモアをまとったような二人の『笑い』が入ることにより、お客さまの興味をより深いところまで誘い、“豊かな文学”になるのでは、との試みです。

『ボヴァリー夫人』梗概

町医者シャルル・ボヴァリーの後妻として嫁いだ若きエンマは、田舎での結婚生活に幻滅し、退屈な日常から逃れるために恋をしてしまう。
 最初、エンマはレオンに恋をする。しかし彼が旅立った後、ロドルフと恋に落ちた。エンマとロドルフは駆け落ちの約束までしていたが、ロドルフは彼女のことを考え旅に出る。
 ある日、シャルルとエンマは演劇を見に出かけ、偶然レオンと再会する。デート費用を捻出するために彼女は夫にピアノを始めたい、と嘘をつき、レオンに会いに行くようになった。挙句には家財道具まで質入れする。エンマはレオンに金の無心を試みるが、断られてしまう。
 三千フランという莫大な借金を抱えて、絶望したエンマは砒素を飲んで自殺する。
一地方のありふれた不倫事件を、芸術に昇華させたフランス近代小説の金字塔とも言うべき決定版。

ギュスターヴ・フローベール <1821年〜1880年>

フランスの小説家。
ルーアンの外科医の息子として生まれる。
当初は法律を学ぶが、のち文学に専念。
1857年に4年半の執筆を経て『ボヴァリー夫人』を発表、ロマンティックな想念に囚われた医師の若妻が、姦通の果てに現実に敗れて破滅に至る様を怜悧な文章で描き、文学上の写実主義を確立した。
他の作品に『感情教育』『サランボー』『ブヴァールとペキュシェ』など。

出演者プロフィール

いとうせいこう

1961年、東京生まれ。
早稲田大学法学部卒業。 作家・クリエーター。
『ノーライフキング』で小説家としてデビュー。
その後『ワールズ・エンド・ガーデン』『解体屋外伝』『豊かに実る灰』『波の上の甲虫』などを執筆。
2013年『想像ラジオ』で第35回野間文芸新人賞受賞。
最新作『鼻に挟み撃ち』(2013年すばる12月号)で2度目の芥川賞候補にノミネート。
主なエッセイ集として『見仏記』(共作/みうらじゅん)『ボタニカル・ライフ』などの他、舞台・音楽・テレビなどで活躍。
公式HP=http://www.froggy.co.jp/seiko/


奥泉 光

1956年、山形生まれ。
国際基督教大学大学院修了。小説家・近畿大学教授。
主な小説に『ノヴァーリスの引用』『バナールな現象』『「吾輩は猫である」殺人事件』『プラトン学園』『グランド・ミステリー』『鳥類学者のファンタジア』『浪漫的な行軍の記録』『新・地底旅行』『神器—軍艦「橿原」殺人事件』などがある。 1993年『石の来歴』で第110回芥川賞受賞。
2009年『神器—軍艦「橿原」殺人事件』で第62回野間文芸賞を授賞。
2014年『東京自叙伝』で谷崎潤一郎賞を授賞。
公式HP=http://www.okuizumi.com/